• HOME >>
  • 婚活というワードが流行りですね。

婚活というワードが流行りですね。

婚活というワードが流行りですね。

最近はテレビなどでも各種の婚活サービスに関する話題が報道されるようになり、話題を集めています。



しかし、そうした婚活サイトなどのサービスは、全部が安全とは言い切れないのが実情です。

テレビに取り上げられるようなところは安全かもしれませんが、多くの恋活サイトがある中には、悪質なサイトも残念ながら存在するのです。


こうしたものを利用する際には、恋愛と同じで、表面上の情報に騙されず、相手を知ることが肝要なのです。

結婚相談所は誰もが聞いたことがあるでしょうが、実際にはどんな所なのでしょう。地方都市にあり、利用者もいわゆる行き遅れの人達で、なんだか時代遅れな感じがあるかもしれません。ですが、その偏見は現在では当てはまりません。
近年における結婚相談所というものは、恋活が流行りの現在、多くの方が登録するようになっていて、真剣に婚活している人にはいい出会いがあると評判のようです。
多くの方が婚活に乗り出している現在。しかし、結婚相談所に登録したり、恋活パーティなどに行ってみた人の体験談を聞いてみると、思ったほど良い出会いがないと言われます。でも、より掘り下げてみると、結婚相手として条件が見合わないというより、恋愛対象としてピンと来ないという愚痴が多いのです。有料の恋活サービスというのは、結婚に適したお相手を条件で探すのには向いていても、結婚に繋がる恋愛がしたいという人には向かないのだろうという感想を抱きました。


私もそろそろ婚活に踏み出さないと、などと漠然と考えていたのですが、なかなか行動には踏み切れずにいました。
なかなか勇気が出せなかったからですが、そんな私もやっと相手探しに真剣になろうと思い、結婚相談所に登録しました。

それというのも、同級生だった友達が結婚すると聞いたからです。
彼女は、一年ほど前に大手の結婚相談所に登録し、今の結婚相手と知り合うことができたそうです。そうした体験談を聞いたことが、登録の切っ掛けになったのは間違いありません。利用する結婚相談所が大手であれば、無名の相談所と比べると、高確率で良いお相手とマッチングできると言われています。
もちろん、人が多いからというのもあるのですが、長年の信頼と実績に基づくユーザーサポートがしっかりしているためです。ただ、大手であるというだけで選択するのもあまり賢明ではありません。サポート内容や費用をチェックしてから決めなければなりません。

恋活をしている最中に、好みの男性を見つけたら、積極的にアピールしたいところですね。

ハンサムな男性は競争率が高いので、実際に交際できるかはわかりませんが、ただ見ているだけでは何も起きませんから、ダメモトでアピールしましょう。



とはいえ、恋愛とは違って一生を共に過ごすパートナーですから、どれほど理想的な容姿をしているからといっても幸せになれるとは限らないですよね。


自分好みの容姿はもちろん大切ですが、それ以外にも性格や価値観の相違をきちんと見極めなくてはいけません。
結婚相手として高スペックを望む方も多いのですが、婚活の初めの時からこうしたスタンスでは婚活はあまりうまくいきません。



目標を高く持って恋活を頑張るのも良いのですが、はじめのうちは出会いを多くして多くの人と関わりながら、出会った人の中から自分の理想に近い人を探すのが良いのではないでしょうか。

これまで、婚活パーティーは数回ほど参加経験がありますが、バスツアーの方は、なかなか予定を合わせられずにいてまだ参加したことがありません。
いろいろと情報を集めてみると、会社によっては男性の半額で参加可能なツアーもあるそうなので、是非利用してみたいですね。自分としては、人の顔を一瞬で判別したり初対面の人の顔や名前を覚えるのがあまり得意ではないので、進行が速いパーティーよりも一人一人としっかり話す時間が持てるバスツアーの方が自分の性格に合ってるような気がして、今、一番注目しています。



婚活において、悩みの種となるのが交際の断り方だと思います。


不用意な断り方をしてしまっては、相手を怒らせるだけでなく、トラブルに発展すると、次の恋活どころではなくなってしまいます。

なので、断る際には細かいフォローを忘れずに、相手の問題を理由にするのではなく、自分の方に原因があって付き合えないと断るのが一番良い方法でしょう。
絶対に向こうに非があると捉えられないように断るのが良いでしょう。

現在ではネット上に多くの結婚情報サイトがありますが、どこを利用するか選択する際にはどこを見ればいいでしょう。


人気が全てと言うほどでもありませんが、それでも、人気を集めているサイトにはやはりそれだけの所以があるのです。

それは何かというと、何より会員数の多さでしょう。最終的には一人の結婚相手に絞り込むとはいえ、そこに至るまでの候補はなるべく多くいて欲しいものです。

相手の年収を婚活の際に無視している、或いは、全く注意を払わないという人は聞いたことがありません。

婚活の際には、ほぼすべて男女が互いの年収をチェックして次の進展をどうするかを考えることも少なくありません。もちろん、使える金額に差が出ますから、婚活イベントの内容に制限がかかったり、対称的に、経済的に余裕のある方は、結婚に向けて比較的自由に行動できます。ですから、経済力の差は恋活にもあらわれるという訳です。



PAGE TOP

婚活というワードが流行りですね。 最近はテレビなどでも各種の婚活サービスに
Copyright (C) 2014 アラフォーの婚活とか恋活ってどうしたらいいの?これが結論! All Rights Reserved.